日焼け止めのpaとは

日焼け止めにはspfだけではなくて、paというものもあります。こちらは果たしてどういった意味があるのでしょうか。こちらはプロテクショングレイドオフの略称となっています。主にUVAに対して効果があります。UVBに対して効果のあるspfと合わせて重要なものとなっているのです。

このPAには全部で4段階があります。+の数によってそれぞれ区別されています。UVAというのは季節に関係なく降り注いでいるのが特徴となっています。夏場以外にも注意しなければいけないのです。夏以外の季節についてはむしろこちらを注意するべきかもしれません。UVBというのは10月から2月頃になるとその量はかなり減ってしまいます。それに比較するとUVAというのは安定して地表に降り注いでいます。シワやたるみの原因となってしまうのです。こちらはしっかりと紫外線ケアをするためにも注目しなければいけないものでしょう。冬にも紫外線ケアをするならば、spfではなくてpaの方に注目するべきでしょう。そちらの数値が高いものを使うことによって、しっかりと紫外線ケアができるのです。

紫外線を防ぐために日焼け止めを使うことは大切です。しかし、その際には紫外線の種類にまで注目する必要があるのです。そうすることによって、しっかりと対策ができます。